千載一遇のチャンスを逃さない為の3つのチェック事項

コロナで釣りを自粛している方も多いかと思います。

琵琶湖の湖岸の駐車場も封鎖され、釣り人はほとんど見られない状態です。ここまで釣りを自粛するアングラーがいるのは、正直驚きです。

とは言え、早く釣りに行きたいと誰もが思っているはず。おそらく色々な妄想を膨らませているのではでしょうか。

今のうちにイメージトレーニングをして、釣りが再開できる日を楽しみ待ちたいですねw

自己記録を更新するような、でっかいバスのバイトがあったと仮定して、チェックしたい3つの項目をあげたいと思います。

ドラグは閉まっているか

BLITZ ブリッツ オイルセンサーアタッチメント タイプD (3/4-16 φ65 28mm) ピクシスジョイ LA250A LA260A 2016/08〜 KF-VET

プロの動画を見ていても、ドラグが緩んでフッキングが決まらず、バラしているシーンをよく目にします。

絶対閉めたと思っていても、リールのドラグは緩んでいることがあります。例えば、車やボートでの移動中の振動です。車はそうでもないですが、ボートで移動する時の振動はかなりのものがあります。その振動でドラグが緩むことがたまにあります。

ドラグが緩んでいたせいで、千載一遇のチャンスを逃しては悔やんでも悔やみきれません!必ず閉まっているかチェックしたいです。

ライン、結び目は大丈夫か

これはよく聞く言葉ですが、これもたえずチェックしたい項目です。

ラインは全てチェックすることはできないですが、リグから1mくらいなら指でなぞってチェックできるので、何投かに一回はチェックしたいです。特にテキサスやラバージグでストラクチャーを攻めている時は要チェックです。

MEINL Percussion マイネル コンガバッグ Professional Conga Bag 12 1/2" MCOB-1212 【国内正

フックはピンピンか

これはそのままですが、フックがピンピンになっているかは超大事になってきます。先っちょが丸まっていると刺さりません。デカイバスほど、口の中が肉厚で硬いのでフッキングできないか、途中でバレます。

チェックのやり方としては、軽く指の腹で触って、皮膚にすぐ引っかかるかで判断するといいと思います。この時に、引っかからずにスベってしまったら、先端が丸まっているということになります。

プラグなどのトレブルフックは交換が面倒くさく、高価なので億劫になりますが、気づいたのなら、交換する事をオススメします。

まとめ:千載一遇のチャンスを逃さない為の3つのチェック事項

三項目あげましたが、どれも基本と言えば基本のチェック箇所です。しかし、プロでもケアレスミスを犯す項目です。いつ人生最大魚が来てもいいように、準備だけは万全にしたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

VOX ミニギター SDC-1 MINI 純正ソフトケース付き

コメント

送料無料 ビジネスシューズ スリッポン メンズシューズ 本革 ローファー ロングノーズ ポインテッドトゥ ブラック 27.0cm behjl6qtOxyzTUZ2-34405
タイトルとURLをコピーしました
ICSTUDIO.US RSS